FC2ブログ

幸せのコウノトリ

結婚して4年ちょっと。赤ちゃんを望み始めてからついに2年が経過してしまいましたが、まだ幸せのコウノトリが訪れません。 いつか来てくれることを信じて・・

11月« 2018年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » CATEGORY … 検査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ強くなってる

 3ヶ月に一度の検診に行って来た。
 経膣超音波検査。
 わたしのとっても苦手なやつ。。

 前日から怖くて、怖くて、ずっとネットで色んな人の体験談を読んで気持ちを落ち着けようとして、
でも、今日も不安でしょうがなくて、せめて勝手に笑気麻酔でもしてみようとカルーア・ミルクを2杯飲む。

 だけど、全然酔ってくれない。

 何度”またにしよう。”と思ったことか。
 それでも、それはただ怖いことを先延ばしにするだけ。

 勇気を振り絞って病院に向かった。

 既に心臓はバクバク。

 苗字を呼ばれて、中に入る。
 内診台にあがる。
 プローブを入れられると、来た!、この妙な違和感。

 もうドキドキの絶頂。
 足なんて、ガクガクしているのがハッキリ伝わってくるほど。

 「は~ぜ~は~ぜ~」
 胸に手を置いて、友達に聞いたやり方での深呼吸。

 「卵巣脳腫の大きさ、変わらないね。5.5cm。」
 「そうですか。」
 「まだ手術の必要はないから、このまま様子を見ようか。」
 ホッとしたような、残念なような、というか、そう言われるまで内診の恐怖で、脳腫のことなんて忘れてた・・・。
 脳腫の検査に来たのに、本末転倒。

 「大丈夫?痛い?」
 「いえ、痛いというか・・・なんていうか恐怖で・・・。」
 「すごく緊張してるだけかな?痛みはない?」
 「はい。」
 そして検査は終了。

 一気に落ち着くわたし。

 だけど、初めてだった。
 痛いとは思わずに検査をできたこと。
 いつもは緊張の上に、本当に鋭い痛みが走っていた。
 身体の力の抜き方を少しは心得たのかな。
 これって、だいぶ前よりは進歩してない?


 病院を出てからは自分を誉めてあげた。
 隆治も
 「麻希、よく頑張ったな。」
 って、頭を撫ぜてくれた。

 すごく嬉しかった。

 
 ずっと逃げ続けていた不妊治療を始められるかもしれないって思った。

 わたし、ちょっとずつだけど、確実に強くなっていると思うから。

 隆治が本当に好きだから。
 「痛い思いをするなら不妊治療なんてしなくていい。麻希がいてくれれば俺はいいから。」
 そう言ってくれたのは隆治の優しさなんだって分かるから。
 本心では、隆治だって、子供が欲しいってこと分かるから。

 隆治のためにも努力できることはしたいって思い始めてる。
スポンサーサイト

名医の実力

 未来が拓けた。

 左右ともに卵管問題ナシ!!

 検査が無事終わったことと、検査結果に、
 待合室で待ってくれている隆治の顔を見たら、ホッと安堵して、涙が溢れて来た。
 一生懸命こらえたけど。

 勇気を振り絞って、卵管造影検査を受けて本当に良かった。

 
 昨日は緊張の絶頂で、体験談を見ては、目の前が真っ暗になって、眩暈を起こしそうになった。
 絶 対 ム リ。
 何度もこの言葉が頭を過ぎった。

 仕事も全然集中できなかった。
 
 今日は検査に備えて、有休を取っていた。
 検査で具合が悪くなるかもしれない。とても会社に行けるような気持ちに持って行けない気がした。
 一人じゃ不安で、隆治にも午前はお休みを取ってもらっていた。

 朝からなんだか落ち着かなくて5時には目が覚めてしまう。
 どうしよう。どうしよう。どうしよう。
 こわいよ。こわいよ。こわいよ。
 病院に向かう電車の中でも、病院の待合室でも、隆治が一生懸命声をかけてくれるのに、何も話す気になれなかった。
 「ごめん、もう気持ちがどうしようもないの。とても話なんてできる気分じゃない・・。」
 気持ちを落ち着けようとお手洗いに何度も何度も行った。

 友達からの励ましメール、ひーちゃんからの励ましコメント(本当にありがとう)を何度も読み直して、なんとか精神力を保った。

 ついに、苗字を呼ばれて中に入る。
 クチコミで探した初診の病院だから、先生とは初対面。
 電話ではすごい怖そうだったのでビクビクしていたけれど、会ってみると、全然感じが良い。そのことに救われた。
 結婚してからどらくらいか、とか妊娠しなくてどれくらいか、とか傍卵巣嚢腫のこととか、基本的なことを聞かれた。

 そして。
 「念のため、排卵がまだか検査しておこうか。」
 来た!わたしの苦手な経膣超音波検査。
 でも、もうここは、腹をくくれっ。

 ううう・・やっぱり苦手。この違和感。
 そう思っていると、「では、超音波入れます。」って先生の声。
 え?!えええ?!今の、超音波じゃなかったの?
 そして、今度はするっと違和感なし。痛くもない。
 
 どうやら、気持ち悪い違和感は、内診だったみたい。
 先生が上手すぎて、いつも地元の病院での超音波と同じくらいにしか感じなかったよ。

 その後、排卵まではまだありそうということで、引き続き卵管造影検査を受けることに。
 さっきの内診で既に心が折れそうになっていたわたしは、恐怖心だけが募っていた。
 でも、誘導されるがままに、下半身はバスタオルでまいた状態でレントゲン台に乗る。
 「では、セットします。すぐ終わるからね。リラックスしてー。」
 心の準備も整わないままに、先生、5秒でセット完了。
 へ?と思っていると、「では、注入します。」。
 「はい、モニター見ててね。今、子宮。ここから卵管に入って行きます。ちょっと痛いかもしれないよ。」
 ん?まったく痛くないよ。でも、通ってる・・みたい・・?
 「右はOK。左がもうちょっとだね。ちょっと押すよ。少し右向ける?」
 「はい。」
 無痛だったので、卵管の開通だけを祈って自ら積極的に身体を動かしていた。
 先生がくいっ、くいっとちょっと圧力をかけると見事に左も開通。
 「左もOK。」
 その言葉を聞いて、本当に本当に嬉しくなった。
 「では、そのままで。レントゲン撮ります。」
 そして、器具を外して無事終了。
 ものの1~2分だった気がする。

 確かに、クチコミで探した病院。
 みんなが無痛だったという意見で選んだ病院。
 でも、まさか本当にその通りとは、驚いた。

 これが、名医の実力?!
 腕が良すぎることに感激した。すごい、先生!!
 
 わたし的には、むしろ内診が一番辛かったくらいだもん。。
 
 明日は卵巣のピックアップ機能を調べるために、再度レントゲンを撮りに行って来る。
 ピックアップ機能もうまく働いてくれていますよーに。


 隆治がご褒美にランチに美味しいお店に連れて行ってくれた。
 「お疲れ様。やっと笑ったね。」
 って、
 「麻希はなんやかんや言っても、最後はちゃんと頑張るよな。」
 って隆治も嬉しそうに笑ってくれた。

 一週間、検査のことで不安がってばかりいたわたしを励まし続けてくれてありがとう。
 隆治が一緒に戦ってくれるから、頑張れたんだ。
 そして、これからも頑張れる。

残念な結果

 残念な結果が出た。
 フーナーテスト、不良。
 3匹しかいない上に、すべて死亡とのこと。

 再度、精液検査を受けてくださいと言われた。
 前の病院の結果だと、大事な運動率の項目が足りないらしい。

 でも、多分、隆治に原因はないよ。
 
 わたしの粘液が少し堅いので、精子を殺してしまっている可能性が高いと言われた。

 それって、どう治療したらいいの?

 検査も意外と痛かった上に、もっと辛い心の傷みまで負わなければならないなんて。

 排卵は今日起きそうとのこと。
 しかも、敢えて夜ではなくて、朝早起きして臨んだのに。
 つまりは、タイミング的にばっちりだったってことでしょう?

 悲しくて。苦しくて。申し訳なくて。
 なんで、わたしには普通の人が当たり前にできている妊娠がこんなにも難しいんだろう。


 隆治が昨日は全部ご飯を作ってくれた。
 今日も検査に一緒について来てくれた。
 わたしが痛い思いをしても頑張ってるからって、一生懸命力になろうとしてくれている。

 わたしが返せることはもう「赤ちゃん」しかないのに。
 その道程があまりにも遠い・・・。

人工授精

 周期7日目。
 体温婦人体温計36.35℃。
 低温期7日目。

 久しぶりの病院で。
 いきなり先生に言われた言葉が「人工授精」だった。
 
 今日は改めて隆治の精液検査を受けた。
 ■2009/08/17
 精液量  1.8ml
 精子数  1ml中に6000万個
 運動率  40%

 多少、運動率が悪いですが、問題ないでしょうとのこと。

 ちなみに以前の結果。(※病院が違うので多少項目が異なる)
 ■2009/05/09
 精液量  3ml
 精子数  1ml中に2億個
 奇形率  7%

 前回受けた黄体期の血液検査の結果も出ていた。
 自分では黄体機能不全気味だと思っていたのに、プロゲステロン値15.2と高く、意外なことにこちらも問題ナシ。

 「頚管粘液の問題だけが原因だと思われます。」
 ハッキリそう言われた。
 「頚管粘液が少なくブロックしてしまっているので、精子が中に入り込むことができません。排卵誘発剤で卵胞を増やすことで粘液を増やす方法もありますが、難しいので、直接子宮内に精子を送る人工授精が一番効果が高いと思います。」
 ・・・やはりそう来たか。

 ある程度、覚悟はできていたはずなのに、やっぱり現実に聞かされる一言は重い。
 
 別に大したことないじゃん。
 そう思うわたしもいる。

 痛くもないらしいよ。
 ならば、踏み出してしまえばいい。

 だけど。
 なんでかな。
 わたしは普通に妊娠できない身体なんだって、思い知らされるのが辛い。
 今は、まだ辛い。
 
 受け入れられない。
 
 それは、妊娠が目的ではなくて、健康な身体で妊娠したいのがわたしの目的だから。

 隆治が一緒にいてくれてよかった。
 お陰で泣かずにすんだよ。

 来週までに答えを出さなくちゃ。

テーマ:赤ちゃんが欲しい - ジャンル:結婚・家庭生活

子宮頚癌検診

 ついに、昨日、子宮頚癌検診を受けて来た。
 
 検査の痛みが怖くて怖くて、何度やめようかと思ったけれど、
いくら子宮頚癌になっている可能性は低いとは言っても0ではない以上、
受けた方がいいだろうなとずっと葛藤していた。

 会社の検診。
 それとも区の無料クーポン。

 悩んだ挙句、区の無料クーポンで受けることにした。
 会社の検診で受けるお手軽さはないけれど、自分で好みの病院を選べそうだから。

 そして、わたしと同じように検査が苦手な人の書き込みを読んでいたところ
クスコのサイズを下げられるという大発見をし、これなら
行けるという希望を持った。

 対象病院の殆んどをインターネットで検索し尽くした。
 そして、何件かに絞り込み、朝早起きして第一候補の病院にGO!
 不安だったので、隆冶にもついて来てもらった。(車で病院まで送ってもらった。)

 9時15分から受付の病院で9時半に到着したのに関わらず、
もう今日の受付は終わり、と。どれだけ人気の病院なんだー!!
 気を取り直して、候補には入れていなかったけれど第一候補の病院から近い、
ちょっと良さそうな病院にGO!

 これが意外に良かった。
 ほぼ待たず、すぐに検査スタート。

 正直、緊張する間もなかった。

 「すいませんが、この検査が苦手なのでクスコのサイズを下げてもらえますか?」
 と言ったところ、
 「結婚しているんだよね?」
 とちょっと驚かれ、
 「それでもこの検査は苦手なんです。」
 とわたしも怯まなかったところ、
 「じゃあ、一つ下げましょう。」
 とようやく言ってくれた。

 すぐに何かが挿入される感覚があり、
 「どうですか?痛いですか?」
 と声をかけられた。

 ちょっと変な感触はあるものの、まったく痛くない。

 「はい、終わりです。次は、超音波します。これは痛くないでしょう。」
 え・・?
 いつも超音波でガクガク震えていたんだけど。
 そう先生に問答無用で言われると、痛くなってはまずい気にさえなる。
 そして、実際全然痛くなかった。

 あっという間。
 感激した。

 クスコのサイズ下げ、万歳♪
 先生の手際の良さも勢いも良かったみたい。

 これならAIHも再挑戦できるかもしれないという光も見えた。
 
 何はともあれ、一年間、もうこの検査のこと考えなくて良いのが一番うれしいな。


 隆冶にはお礼も兼ねて、バレンタインデーの今日、ガトーショコラだけでなく、ステーキセットを作ってあげた。

テーマ:赤ちゃんが欲しい - ジャンル:結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。