幸せのコウノトリ

結婚して4年ちょっと。赤ちゃんを望み始めてからついに2年が経過してしまいましたが、まだ幸せのコウノトリが訪れません。 いつか来てくれることを信じて・・

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » CATEGORY … お知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいお知らせ

 周期37日目。
 体温婦人体温計36.70℃。
 高温期19日目。

 沢山のお祝いのメッセージを頂いていて、すごくすごくうれしかったんですが、
悲しいお知らせをしなければならなそうです。

 妊娠検査薬の反応が消えました。

 金曜日の飲み会で食べたレバ刺しがあたったらしく週末からずっとお腹を下していたので、
心配になって念のため検査薬を久しぶりに試してみたら、真白。

 何かの間違いじゃないかと思ったけれど、既に13本も使ってしまって、
予備の検査薬もなくなってしまったので、再度試すこともできず・・。

 まだ一応高温期の領域だし、生理も来ていないけれど、
もうダメなんじゃないかなと思います。
 認めたくないけれど、化学的流産するんだと思います。

 妊娠検査薬で陽性が出ても、その後、1/3は化学的流産してしまうなんてこと、
初めて知りました。
 つい先日は、人生初の陽性反応に嬉しくて嬉しくてしょうがなかったのに。

 幸せの絶頂から、まさに奈落の底に突き落とされた感じ。 
 

 やっぱり、飲み会になんか行かなければよかった。
 後悔はあります。

 まだ自分の中で整理もついていません。
 どこかで、まだ可能性を信じてしまっているわたしもいます。

 それでも、一度は着床まで漕ぎつけてくれた小さい命に、感謝してます。


 ごめんなさい。
 わたしの妊娠が皆さんの励みになって欲しかったのに・・・。

 皆さんのところには無事元気な赤ちゃんが来てくれますように、心よりお祈りしています。
スポンサーサイト

テーマ:赤ちゃんが欲しい - ジャンル:結婚・家庭生活

赤ちゃん去る

 赤ちゃんが先程、わたしの元を去って行きました。

 短い間だったけど、とても幸せでした。

テーマ:赤ちゃんが欲しい - ジャンル:結婚・家庭生活

いったんお休み

 久しぶりにブログを開いてみた。
 ようやくあのときの自分に向き合える気がしたから。

 今月は、AIHをお休みすることにした。
 あの痛みを思い出すと恐怖でおかしくなりそうになってしまった。

 病院に行ったもののやっぱりこわくて先生に「暫くお休みします」宣言をしてしまった。
 情けない。

 不甲斐ない自分に落ち込んでいたわたしに、
 「病院に行っただけでもがんばった。」
 と隆冶が言ってくれた。

 その言葉に救われた。

赤ちゃんができました

 突然ですが、赤ちゃんができました。

 今日、心拍確認をして来ました。

 30歳の最後の最後で、この2年3ケ月ずっとわたしが待ち望んで来た夢を叶えることができました。
 (あと3日で31歳になります)


 

 実は2月19日にまた会社の飲み会があったので、高温期12日目でフライングで妊娠検査薬を使ったのですが、ものすごい薄い陽性反応。
 以前、9月に陽性反応が出たときは薄いからと飲み会に行ってしまって、レバ刺しにあたって化学的流産したので、もう後悔はしたくなかった。
 今回は行くのをやめました。
 
 そして、徐々に濃くなる陽性反応。

 もしかしたら?と期待しつつも、信じられなかった。

 だって、今回はAIHもしてないし、体温もガタガタで、高温期と低温期の差が0.3℃もなかったから。

 怖くて、日記も書けなかった。

 高温期17日目(4w3d)にして、そわそわしてしょうがなくなって病院に行ってみると、陽性反応は見られたものの胎嚢はまったく確認できないとのこと。
 不安で不安でしょうがなかった。頭がおかしくなりそうだった。

 10日後の高温期27日目(5w6d)に再度病院へ。
 今度は17.3mmの胎嚢が確認できるものの、中身はまったく見えないとのこと。
 また頭がおかしくなりそうな一週間を過ごした。

 そして、今日高温期34日目(6w6d)に最後の宣告を受けに行って来ました。
 心拍確認できれば、万々歳。心拍確認できなければ、流産の手術。
 念願叶って、元気に心臓を動かした8.0mmの胎芽を確認することができました。

 赤ちゃんが見えたときは、涙、涙でいっぱいでした。
 こんな嬉しいことが自分に起っちゃっていいの?!って。


 この日記で出逢っていっぱい励ましの言葉をくれた皆さんには本当に感謝してます。

 だからこそ、きっとわたしはこの苦しい不妊に向き合ってこれたんだと思っています。

 せめてお礼として、わたしが今回妊娠したときの検査薬のすべて(12本)の経過と基礎体温表と漢方薬の紹介をしたいと思います。
 どうか少しでもお役に立てますように。

 次回、内容についてはアップします。

 皆様のところにも赤ちゃんが舞い降りて来てくれますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。